安心して購入できる中古住宅の目印「安心R住宅」とは

「不安」「汚い」「わからない」といった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し、「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択できる環境の整備を図るため、国土交通省が創設した制度が「安心R住宅」です。

(告示公布平成29年11月6日・施行平成29年12月1日)

「安心R住宅」の「安心」とは

昭和56年6月1日移行の耐震基準(いわゆる新耐震基準)等に適合すること

インスペクション(建物状況調査等)を実施し、構造上の不具合及び雨漏りが認められず、住宅購入者の求めに応じて既存住宅売買瑕疵保険を締結できる用意がなされているものであること

「安心R住宅」の「R」とは

Reuse(リユース)
Reform(リフォーム)
Renovation(リノベーション)のRを意味しています

「安心R住宅」の標章がついた中古住宅って、どんな物件?

国が設定した要件を基に、審査・許諾された物件のみが「安心R住宅」標章をつける事ができます。

01

EXAMINATION CRITERIA審査基準

01品質の「安心」

新耐震基準などに適合

インスペクション(建物状況調査等)の結果、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に適合

インスペクション(建物状況等)で調査する箇所のイメージ

02

02リフォーム工事されていて「きれい」

リフォーム工事によって従来の既存住宅の「汚い」イメージが払拭されている

外装 、主たる内装、水廻りの現況の写真があり、広告などで写真を見て、実施済みのリフォーム工事の内容等を確認できる

リフォーム工事を実施していない場合は、費用情報を含むリフォーム提案書がある

※画像はイメージです。

03

03情報が開示されていて「わかりやすい」

広告時に設計図書、点検記録など物件選びに役立つ情報の保管状況が示され、さらに商談時に仲介業者へ依頼すると詳細な情報が開示される

今までに実施した点検や修繕の内容がわかる・どんな保険・保証がつくかがわかる