ABOUT JIOJIO 既存住宅瑕疵保険について

既存住宅瑕疵(かし=欠陥)保険は、中古住宅の検査と保証がセットになった保険制度です。

中古住宅の検査とは、インスペクション(建物状況調査等)とも言われています。JIOは、株式会社日本住宅保証検査機構の略称で、国土交通大臣指定を受け、住宅専門の保険商品を提供する住宅専門の保険会社です。

01

POINT1安心が確保された既存住宅(中古住宅)を販売

既存住宅(中古住宅)の基本的な性能について、専門の建築士によって検査し、合格した住宅を JIO 既存住宅瑕疵保険つき物件として販売しています。これにより、中古住宅を購入しようとお考えの方にとって、安心が確認された住宅の取得が可能となります。

※画像はイメージです。

02

POINT2既存住宅(中古住宅)の購入後も安心

購入した中古住宅に後日、欠陥が見つかった場合には、JIO が修補費用等を保険金として弊社に支払い、弊社が修補を請け負います。弊 社に万一の事があった場合でも、JIOから修補費用等が保険金として住宅取得者様に支払われます。

保険の対象となる部分

住宅の品質確保の促進等に関する法律第5条第1項および第2項に規定する「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」で、構造耐力性能または防水性能における瑕疵が保険の対象です。

保険期間

弊社が加入している JIO既存住宅瑕疵保険の保険期間は、住宅の引渡しから2年間です。

※物件の状況により保証が付けられない場合がございます。
詳しくは物件毎に営業担当へお問い合わせください。

保険金をお支払いする場合

事故が発生した場合のお支払い

対象住宅の基本構造部分の瑕疵に起因して、対象住宅が基本的な構造耐力性能または防水性能を満たさない場合(以下「事故」といいます)に、住宅事業者が住宅取得者に対し住宅品質確保法に基づく瑕疵担保責任を履行することによって生じる損害について、JIOから保険金が支払われます。

トウショウレックスに
万一の事態があった場合でも安心

対象住宅に事故が発生した場合において、弊社に万一の事態が起こり、相当の期間を経過してもなお瑕疵担保責任を履行できない場合は、JIO が住宅取得者様からの請求に基づいて住宅取得者様に対し直接保険金をお支払いします。

中古住宅の瑕疵の保険有無や保険期間は、
売主によって異なります。

中古住宅の売買では、弊社のような宅建業者(不動産業者など)が売主の場合と、宅建業者の仲介により個人が売主になる場合があります。
日本では個人間売買の数が、中古住宅売買全体の約8割と圧倒的に多くなっています。

宅建業者(不動産業者など)が売主の場合

宅建業者(不動産業者など)が売主の場合、宅建業法上瑕疵担保責任期間の義務に対応して JIO 等の保険に加入し、保証がつくことが多く、弊社が販売する自社所有の JIO 審査に適合となった中古住宅については最長5年間の保証をお付けしています。

個人売買の場合

個人売買の場合、およそ6割が現状有姿(= 保証なし)およそ3割が保証がついても1年以下となっています。

個人間売買の保証期間内訳

戸建住宅の場合
( ※国土交通省「中古住宅・リフォームトータルプラン」資料より)