【SDGs活動報告】あしぎんSDGs私募債発行に伴う寄贈品の贈呈式に出席してきました!

トウショウレックス株式会社は、足利銀行様における、寄附型の私募債『あしぎんSDGs未来応援債』を発行する運びとなりました。

こちらは、手数料の一部をSDGsの達成に資する活動をしている公共性・公益性の高い団体へ、物品または金銭の寄贈を行う私募債です。
この私募債では、ご支援させて頂く団体様をトウショウレックスが足利銀行様と協議の上で決定。選定させて頂いた団体様へ、SDGs17のゴールを達成するために用いられる品を贈呈します。

今回は、高崎市の児童養護施設 社会福祉法人 フランシスコの町 様
学習机(3台)学習椅子(3脚)デスクライト(3台)を寄贈させていただきました。

『フランシスコの町』は、両親またはどちらか一方が生別や死別などの事情によって保護者がいなくなった児童、虐待されている児童、その他の事情で養護を必要とする児童が入所する児童養護施設です。
今回、寄附させて頂く施設を選定するにあたっては、『 SDGs目標4. 質の高い教育をみんなに 』への貢献として、お子様の学習環境の向上に貢献できるのではないかということで、選ばせて頂きました。

寄贈した学習机、学習椅子、デスクライト

『フランシスコの町』では、入園前の小さなお子様から、中高生までが生活しており、小学生以上は基本的に2人で1部屋を使用しているそうです。通常は、長机で数人が一緒に学習しているとのことですが、受験生などには集中して学習できるよう1人部屋が割り当てられているそうです。

寄附させて頂いた机は、受験生のための個室にご活用いただきました

既に、使って頂いているピカピカの机を拝見させて頂きました!✨
整理整頓されていて、さすが受験生、たくさんの参考書も置かれていました。
こちらは、ニトリさんで購入した『ライトなしデスク(リビオG LBR/NV)』本棚を自由にレイアウトできる人気の組み合わせデスクです!性別を問わず使用できるネイビーを選択して正解でした🎵

これで、集中して学習して頂ければ嬉しい限りです!✨

シルシルさんも一緒に施設内を見学させていただきました!
玄関は明るく清潔感のある落ち着いた雰囲気✨

玄関の正面では『慈愛の聖母』が迎えてくれます。児童棟に続く廊下は、天井が高く、開放的な雰囲気。上部にある木の飾りにはあたたかみがあり、ぬくもりのある廊下でした。

玄関の横には図書室もあり、たくさんの書籍も並んでいました。絵画なども飾られていて、本当に素敵な施設です✨

子ども達の生活空間も見せて頂きました。
3棟6ユニットと小規模1棟にわかれているそうで、ユニットを1つの大きな家庭としてとらえ、正しい生活習慣を身につけ、社会の健全な一員となれるよう、担当職員の皆さんが交代勤務で24時間支援していらっしゃるそうです。

ユニット内には2歳と3歳のお子様が職員の方と遊んでいました🎵 小中学生たちは学校です。
ユニット内は、とても綺麗で快適に生活できそうな空間となっていました✨

ユニットは、メゾネットタイプで1階が共有空間、2階が個室となっています。個室の1人部屋にてお贈りした学習机を使って頂いておりました。玄関部分には、アットホームな飾りがあり、大家族のお宅へお邪魔したような雰囲気🌷

施設長の方は、寄附された物品をお子様たちへお渡しする際に『 みんなは一人じゃないよ。支えようとしてくれる人はたくさん居るんだよ。』という言葉を添えているとおっしゃられていて涙がでそうになりました。

子供たちは様々な事情を抱え、家族と離れて施設で暮らしていますが、子供達が望んだ現状ではなく、
子供たちには家族や運命への選択肢もありません。

地域の大人みんなで、子供たちの成長をあたたかく見守ることが大切だと感じる訪問となりました。
この、ささやかな寄附が、子供たちの幸せな未来へ少しでも貢献できれば嬉しいです。

トウショウレックス株式会社では、今後も地元密着の不動産会社としての使命を果たし、SDGsの達成と共に地域の持続的な発展に貢献してまいります。