中古住宅探しのコツ中古住宅探しのコツ

住宅購入を検討する際の材料として、住みたい地域などの条件の他に、マンションや一戸建など検討されますよね。

一戸建にも、新築建売を選ぶか、フルオーダーの注文住宅にするのか、ハーフオーダーの建築条件付き住宅、それとも中古住宅にするかなど、様々な選択肢があります。

ここでは、おすすめとなる中古一戸建ての最近の傾向と購入のコツをご紹介したいと思います。

Question

中古住宅とは?

建物竣工後 1年 を超えている住宅、もしくは“ 人が住んだ住宅 ”のことを指します。その為、建物竣工後 1年を超えていれば誰も住んだことが無い住宅でも、中古住宅となります。
一昔前までは、マイホームといえば新築一戸建てというイメージが強かったかのではないでしょうか。現在でも、新築一戸建てへの一定の人気はありますが、以下の国土交通省のデータをみてもわかるように、徐々に新設着工の戸建住宅数は減る一方で、既存住宅(中古住宅)の流通シェアは伸びつつあります。

住宅価格の高騰や、住宅ローンの負担を軽くして他の事にお金を使いたいといった価値観の変化などを背景に、中古住宅を購入してから自分好みにリフォームやリノベーションを施すというケースも多くなっています。
一生に一度という方が多い住宅購入。理想をすべて詰め込んだフルオーダーの住宅も良いですが、費用が高くなりがちです。建物の価値は、日本では年数が経つごとに下がっていくので、建物への拘りは、資産価値よりも満足度へと繋がるもの。住宅に求める満足度をどこまで、どのように高めていくのかという線引きをしておくと良いかと思います。
一つの選択肢として、中古住宅も見てみる価値はあるかと思います。

benefit 1

中古住宅のメリット1 ~価格~

新築一戸建てと比べて中古一戸建ての魅力は価格の安さにあります。
かなり費用を抑えることができるので、理想とする家以上の間取りの物件を、手に入れることも可能となります。
同じような間取りの家でも、新築と中古ではかなり値段の差があることもあり、新築では手が届かないような家を手に入れやすいのです。
築年数がまだ浅く、ほとんど人が住んでいないような中古物件であれば、新築とほぼ変わらないような状態の物件もあります。
日本の物件価格は新築である方が高くなる為、築浅の物件であっても中古住宅であれば価格は下がります。つまり、割安に住宅を手に入れることが出来るのです。

benefit 2

中古住宅のメリット2 ~立地~

何といっても中古物件のメリットは「いい立地を選べること」です。
新築住宅を購入する場合、土地から購入して、自分好みの注文住宅を建てるという方法と建売や建築条件付きの住宅を購入するという方法があります。どちらにしても、便利で生活のしやすいといった“良い立地”には既に住宅が建っている場合が多く、“良い更地”は、なかなか市場に出てきません。
市場に出る土地の多くが、住宅が密集していない郊外や、道が細い土地や、変形地といったの少し不便な立地が多数のため、希望の土地を探す事がまず第一の難関となります。
中古住宅の場合は、前面道路の幅や、日当たり、交通の利便性、周囲の環境などの“ 土地の条件 ”がよい、居住に適した立地である場合が多く、また市場に出る数も多いので選択肢が広がります。限られた地域の中で物件を探す場合は、中古住宅がおすすめです。
中古住宅を購入し、一定期間 生活した後に、ライフスタイルの変化とともに家を建て替えるといった選択肢もあります。
また、建築年数が1年を超えている住宅の中には、誰も住んだことのない物件もあり、それらも中古住宅として扱われます。

benefit 3

中古住宅のメリット3 ~住環境の確認ができる~

新築の建売一戸建てのメリットにも共通することですが、中古住宅では、購入前に建物を見ることができる為、住環境や建物を確認することが出来ます。
注文住宅や条件付き住宅の場合は、完成図やモデルルームなどを参考にしますが、完成してからでないと実際の建物を確認することができません。
しかし、中古一戸建ての場合は完成している状態を見ることが出来るのでイメージと違うといったことがありません。
外観や内装だけでなく、日当たりや風通し、窓からの景色や外から室内への視線などもわかるので、購入する際に生活するイメージを掴みやすいといったメリットもあります。
例えば、住宅を建てる際に、日差しをたくさん取り入れたいから大きな窓を設置したところ、実際に住んでみると・・日差しが入りすぎて熱い、道路から丸見えになってしまい結局窓を閉めっぱなしになってしまったので、窓の形と位置を工夫すれば良かった・・など、実際の建物の中からしかわからない事もあります。
また、新築建売住宅と比較すると、中古住宅では、元の所有者が問題なく居住していたという事実があり、建物の構造上の心配も少なくなります。
もし、補修が必要な個所や、気になる点があれば、リフォームを行うことで大抵の場合に解決することができます。

CHECK ITEM

中古住宅 購入前のチェックポイント

中古住宅は購入前に、建物や基礎部分、設備などの性能、地盤などの調査をしっかりと行う必要があります。
調査後に納得した後には、リフォームにどれほど費用がかかるのか見積もっておく必要があります。
中古住宅を購入する時、その物件がリフォーム済みで、そのまま住める状態なら良いですが、購入後にリフォームしないといけない場合も多くあります。その為、おおよそのリフォーム金額も物件購入時の予算として見ておく必要があります。
購入前には見えない部分、気がつかなかった部分の補修が発生するケースもあります。第三者の専門家なども交えて調査すると良いかと思います。
自分で出来るチェックポイントとして、1981年に導入された「新耐震基準」を満たしているかどうか。2002年に始まった中古の「住宅性能表示制度」を使った評価結果があるかどうかもチェックすると良いかと思います。これらを満たしていない物件がすべて危険だというわけではないですが、ひとつの目安にはなります。
また「JIO」などの「既存住宅かし保険」に加入している住宅を選ぶのも安心です。
さらに、国によって定められた安心して購入するための基礎的な条件を備えた「住みたい」「買いたい」と思える中古住宅(既存住宅)である「安心R住宅」かどうかもチェックされると良いかと思います。
また、物件のチェックを複数回行うことも重要です。一度は、雨の日に行うと良いかと思います。
壁や軒裏に水が漏れているようなシミができていないか、雨漏りがないかをチェックできます。
窓廻りに雨漏りがないか、床下に浸水やその跡がないか、下水はあふれてきていないか、道路の水はけの具合、地盤に問題がなさそうかチェックしましょう。
最上階の部屋では、天井に水シミや漏れがないかも確認しましょう。敷地内に水溜りがないかもチェックすると良いかと思います。

中古物件を探すなら、プロ(不動産会社)に相談しましょう

中古物件の場合には、建物への漠然とした不安があるかと思います。 中古住宅を購入後にトラブルに巻き込まれるなどということが無いよう、中古物件の売買に詳しい不動産会社に相談しながら物件探しを行うと良いかと思います。
不動産会社では、ホームインスペクター(住宅診断士)に依頼して、建物の状態を確認したり、リフォーム会社を紹介してもらったり、リフォームの見積もりをとる事が出来る場合もあります。
当社が売主となっている中古住宅は、JIO(既存住宅かし保険)5年の保証や安心R住宅の指定住宅が多数となっており、お客様にご安心頂いております。
中古物件の売買に詳しい専門スタッフもおり、専門スタッフによる不動産相談会も随時開催していります。お気軽にご相談ください。